全身脱毛の方法と種類

夏になれば露出が多くなります。そんなときに気になってくるのが、腕や足や腋の産毛たち。夏だけではありません。冬だって、隠せはするけれど、服を脱いでみると。なんてことがあると嫌ですよね。そんなときにおすすめできるのが全身脱毛です。いちどすれば、個人差もありますが、ほぼ、無駄毛が生えなくなったり、生えにくくなったり。方法によってっも違いはあると思いますが、とにかくお手入れの頻度は減るものです。そんな全身脱毛について書いていきます

全身脱毛と言っても、種類が分かれています。まず、エステサロンで行う全身脱毛と自宅で行う全身脱毛とに分けることができます。自宅で行う脱毛は、脱毛用の塗り薬を塗り、脱毛をしたり、ピンセットや剃刀を使うものが多いと思います。でも塗り薬は効果が分かりにくいし、ピンセットや剃刀は痛みが伴います。また、自宅で行った場合、ケアが十分ではなかったりするので、菌に感染したり、肌が乾燥したりと、トラブルになることが多いです。そして、永久的な脱毛ではないので、また繰り返さなければなりません。しかし、自宅でのんびりと行うことができ、エステにいくよりはお金がかからないというメリットもあります。

エステで行う全身脱毛も種類があり、レーザー脱毛、光脱毛、電気脱毛など大きく分かれて3つほどです。それぞれ特色がありますが、電気脱毛は電気の力で毛根を死滅させるというものでかなりの痛みを伴いますが、永久脱毛効果が高いものです。しかし、痛みがあり、さらに期間もかかるので、あまり一般的ではありません。最近ではレーザー脱毛や光脱毛が多いようです。レーザーは、毛根にレーザーをあて、毛根を焼却する方法で、短い時間で広範囲の脱毛ができます。光脱毛はレーザーに近いですが、レーザーより弱い波長の光を用いるため、肌への負担が少ないのが特徴です。エステでは、脱毛後の肌へのケアを受けることができたり、専門のエステシャンの方もいるので、トラブルがあった時にも解決しやすいというのがメリットです。その分、エステに通ったり、金銭的にはかかります。どの全身脱毛方法を選ぶかは、自分次第です。自分に一番見合った方法が見つかるとよいです。